大教・春











大月一弘国際教養教育院長からのご挨拶

国際教養教育院と神戸大学の全学共通教育

 国際教養教育院は、神戸大学の学士課程全体の教養教育の企画運営・実施を担当する部局であり、平成27年(2015年)4月に「全学共通教育部」を改組して設立されました。

 神戸大学は、「学理と実際の調和」を理念とし、「先端研究・文理融合研究で輝く卓越研究大学」を目指す事をビジョンでうたっていますが、文系・理系という枠にはとらわれない先端研究を推進し、研究の臨場感の中で学生が創造性と学識を深める教育を重視しています。また、海外中核大学や多くの教育研究機関と連携を進め、世界各地から優秀な人材が集まり、また神戸大学から世界へ飛び出していく「グローバルハブキャンパス」の機能を高め、古くから国際的に開かれた神戸市に位置する大学にふさわしい教育を発展させています。

 平成28年(2016年)4月1日からは、全学共通授業科目を見直し、基礎教養科目、総合教養科目、外国語科目、情報科目、健康・スポーツ科学、共通専門基礎科目を配置しており、それぞれの学修目標を明確にしています。さらに、神戸大学の全学部学生が卒業時に、身に着けるべき共通の3つの能力として「複眼的に思考する能力」、「多様性と地球的課題を理解する能力」、「協働して実践する能力」を「神戸スタンダード」として明示しました。詳しくは、「教養教育の目標」を参考にしてください。

神戸スタンダードの習得をめざして

 学問とは、「神戸スタンダート」を身につけるために、神戸大学では新たな授業科目や教育プログラムを実施しています。「協働して実践する能力」を身につけるために、平成29年度(2017年度)より高度教養科目 を新たに設けました。高度教養科目は、各学部および国際教養教育院で開講されます。ある程度専門科目を学修した3・4年次生を対象に開講され、専門の異なる学生が共通の課題について協働して解決方法を探ることにより、「分野融合」「文理融合」の意義、協働の大切さを学ぶことを学修目標としています。

 学外での学修を行うプログラムも整備しています。「神戸グローバルチャレンジプログラム」 は、1・2年生の1つのクォーターや長期休暇を、「チャレンジターム」として設定し、その期間に学生が国際的なフィールドで学修活動を行うプログラムです。「神戸大学ESDコース」は、環境、貧困、平和、人権、福祉、健康問題などの幅広い観点を組み込んだ「持続可能な開発のための教育(ESD)」を、アクション・リサーチの手法によって全体的に理解するとともに、その推進者としての力量を形成するための、新しい学修コースです。

 2018年度入学生からは、データサイエンスの基礎を身につけることができる数理・データサイエンス標準カリキュラムコースを開設しました。世界的にデータ駆動型社会の到来が予想される中、神戸大学の学部・大学院における全学的な標準カリキュラムの整備により、様々な分野の学生に数理・データサイエンスの基礎をレベルごとに身に着けさせます

 2019年度の入学生からは、高度情報化社会において情報通信技術の十分な活用能力を有する人材を育成し、それらの技術を活用した教育の提供を目的に、パソコンの必携化を実施しました。

 神戸大学に集う皆様と一緒に、「神戸スタンダード」を実現していけるよう、努力したいと思っています。
 今後とも全学的なご協力をお願いいたします。 

国際教養教育院長
大月 一弘

Copy Right(C) 2006-2018 Kobe University IPHE.All Rights reserved.