大教・春











海外インターンシップ実習

「海外インターンシップ実習A・B」 8−9月開講コース募集案内(※募集を締め切りました)

8−9月に学外学修にインターンシップ,フィールドワーク,ボランティア各タイプの活動に取り組むコースの参加学生を募集します。
詳細は各コースの募集要項を確認ください。
参加希望者は募集期間を確認の上,応募書類フォーマットをダウンロードし,準備の上,期日までに提出してください。
募集期間、応募書類フォーマット、提出方法についてはページ下部を参照)


 インターンシップ

 ◆モンゴル
学外学修概要   日本語・日本事情教育補助

募集要項1

学外学修先   @モンゴル工業技術大学(IET)附属高専
A新モンゴル高専
Bモンゴル科学技術大学附属高専 
学外学修期間   2019年8月最終週〜9月下旬の間・約4週間
※具体的な渡航日は参加学生自身が上記期間の間で設定し、受入先へ相談した上で決定
募集人数   2名
授与単位数   2単位 (「海外インターンシップ実習B」)

 ◆インド
学外学修概要   日本語・日本事情教育補助

募集要項2

学外学修先   NIHONGO CENTER 
学外学修期間   2019年8月最終週〜9月下旬の間・約4週間
※具体的な渡航日は参加学生自身が上記期間の間で設定し、受入先へ相談した上で決定
募集人数   1名
授与単位数   2単位 (「海外インターンシップ実習B」)

 ◆ベトナム
学外学修概要   日系コンサルタント会社での企業インターン

募集要項3

学外学修先   VIT JAPAN (Ho Chi Minh Office)
学外学修期間   2019年8月最終週〜9月下旬の間・約4週間
※具体的な渡航日は参加学生自身が上記期間の間で設定し、受入先へ相談した上で決定
募集人数   1名
授与単位数   2単位 (「海外インターンシップ実習B」)


 フィールドワーク

  ◆ベトナム
学外学修概要   様々な大学の学生と共に、講義、セミナーの受講、フィールドワーク(企業訪問、文化体験、フィールドトリップ)を通してベトナムの経済や文化・歴史を学ぶ

募集要項7

学外学修先   ハノイ貿易大学
学外学修期間   2019年8月11日(日)〜31日(日)
21日間(予定)
募集人数   2名
授与単位数   2単位 (「海外インターンシップ実習B」)

 ◆マレーシア
学外学修概要   英語学修+マレーシアの現在を考察する

募集要項4

学外学修先   ELCJETRO,MIDA,日系工場等(予定)
学外学修期間   2019年9月1日(日)〜26日(木)
26日間(予定)
募集人数   1名
授与単位数   1単位 (「海外インターンシップ実習A」)

 ◆アルメニア
学外学修概要   日本人にはなじみの薄い地域の文化、歴史、社会を学ぶことで、世界の地域情勢、宗教、世界史等をこれまでと異なる角度から考察する。

募集要項5

学外学修先   日本大使館、JICAリエゾンオフィス、現地企業、現地大学、日本語学校、各地の教会や歴史資料館等(予定)
学外学修期間   2019年 9月11日(水)〜25日(水)
15日間(予定)
募集人数   5名
授与単位数   1単位 (「海外インターンシップ実習A」)


 ボランティア

 ◆ネパール
学外学修概要   山間部の小学校での青少年活動

募集要項6

学外学修先   現地公立小学校、学童保育のセンター、日本大使館、JICA等(予定)
学外学修期間   2019年9月1日(日)〜15日(日)
15日間(予定)
募集人数   1名
授与単位数   1単位 (「海外インターンシップ実習A」)

 

 学生企画型
8,9月に学外学修活動で渡航する場合の申込期限は次の通りです。
<8月渡航希望者>    6月20日(木)
<9月渡航希望者>    7月19日(金)

 募集期間及び応募書類フォーマット(全コース共通)
<募集期間>   2019年5月7日(火)〜6月7日(金) ※募集を締め切りました。
<応募書類>   @ 願書(写真付)(GEMsからもダウンロードできます)
   

◆願書  

    A 志望動機書(指定フォーマット有。GEMsからもダウンロードできます)
   

◆志望動機書  

    B 英語力を客観的に示すもの(TOEFL,TOEIC,IELTS等)の写し
<提出方法>   下記どちらかで提出してください。
・グローバル教育研究推進室(鶴甲第1キャンパスN棟403)へ直接持参
・GEMsで提出
   


 相談・問合わせ先
     グローバル教育推進室(鶴甲第一キャンパス N棟403)
     f.tomomatsu (#) harbor.kobe-u.ac.jp
     ※(#)は@に置き換え、スペースを詰めてください

 

                          ▲トップへ戻る
Copy Right(C) 2006-2018 Kobe University IPHE.All Rights reserved.