大教・春











藤田誠一大学教育推進機構長からのご挨拶
 神戸大学は、1902年(明治35年)の神戸高等商業学校創設以来今日まで、「開放的で国際性に富む固有の文化の下、「真摯・自由・協同」の精神を発揮し、人類社会に貢献するため、 普遍的価値を有する「知」を創造するとともに、人間性豊かな指導的人材を育成」することを大学の使命とし、また、学問の発展、人類の幸福、地球環境の保全及び世界の平和に貢献するために、国際的に卓越した教育を提供することを教育の基本理念と定めて、人間性の教育、創造性の教育、国際性の教育、専門性の教育の4つを教育目標としています。そして、このような教育方針に基づいて神戸大学の大学教育を担っているのが大学教育推進機構です。
  大学教育推進機構は2005年(平成17年)7月に、それまでの大学教育研究センターを改組して設置し、2007年(平成19年)6月には、大学教育の実質化の企画立案等を行う組織として機構内に「大学教育推進本部」 を置くことによって今日まで学士課程教育の充実に努めてまいりましたが、この度(平成22年4月)、学士課程教育のみならず大学院課程での教育も含めた神戸大学の大学教育全般について審議検討することによって戦略的な教育改革を全学的に推進し、かつ本学における教育体制を強化することを目的として、機構にその最高意思決定機関である「大学教育推進委員会」を置き、その下に、「大学教育推進部」、「全学共通教育部」および「大学教育支援研究推進室」を置く組織に改組しました。
  学部専門教育と大学院教育を担当する「大学教育推進部」には神戸大学の11学部と14研究科における学部専門教育および大学院教育の更なる充実と相互の連携を進めるために「全学教務委員会」を置くとともに、「全学評価・FD委員会」を設置することによって、教育におけるPDCAサイクルの実践に役立てます。一方、全学共通教育を担う「全学共通教育部」には、全学共通教育を円滑に実施するため、教育分野、科目等に対応した「共通教育部門」と「外国語教育部門」を置き、全学共通授業科目を担当する教員組織として、共通教育部門には、情報科学、健康・スポーツ科学、人間形成と思想、文学と芸術、歴史と文化、人間と社会、法と政治、経済と社会、数学、物理学、化学、生物学、地球惑星科学、図形科学、応用科学技術、医学、農学、総合教養の18の教育部会が、外国語教育部門には、外国語第T (英語)、外国語第U(独語、仏語、中国語、ロシア語)の2つの教育部会が置かれています。また、大学教育の推進に関わる調査研究を行い、神戸大学の教育改革に関わる企画立案に従事する組織として「大学教育支援研究推進室」を置いています。
  「21世紀は「知識基盤社会(knowledge-based society)」の時代」であり、そのような社会では、「@知識には国境がなく、グローバル化が一層進む、A知識は日進月歩であり、競争と技術革新が絶え間なく生まれる、B知識の進展は旧来のパラダイムの転換を伴うことが多く、幅広い知識と柔軟な思考力に基づく判断が一層重要となる、C性別や年齢を問わず参画することが促進される」ことが特質であるような社会です(中央教育審議会答申『我が国の高等教育の将来像』)。神戸大学は、そのような社会における教育を担い、かつ、社会に貢献できる大学であることを目指して、学生諸君、教職員一同が協力し合って、より質の高い教育の実現に努めてまいります。皆様からのご協力を心からお願いする次第です。                    


Copy Right(C) 2006-2018 Kobe University IPHE.All Rights reserved.