よくある質問

よくある質問

Q1英語が苦手ですが、参加できますか?
必要とされる英語レベルはコースによって異なります。それはコースの学外学修活動先が英語圏だけでなく、非英語圏(アジア、欧州など)も多くあるからです。まずは興味を持ったコースを開講している各学部、またはコース実施担当教員に確認してください。
非英語圏においても、現地での日常生活では英語を使う機会があります。苦手意識を克服する良い機会だと思って、渡航前に英語学修に取組みましょう。
なお、神戸グローバルチャレンジプログラムでは、コース参加者を対象とした英語向上セミナーを開催しています。このセミナーは、ネイティブ講師が担当するスピーキングに重点を置いた短期集中レッスンです。英語レベルや学部を問わず参加することができますので、自分の英語スキルを見直したり、ブラッシュアップする機会として活用してください。(定員あり、先着順)
Q2英語力を客観的に示す書類(TOEIC、TOEFL、IELTSなど)の写しが必要な場合、英検の結果でもよいですか?
コースによって英語力を客観的に示す書類が異なる場合がありますので、まずは参加しようと思うコースの担当者に問い合わせてください。
たとえば、大学教育研究推進室が実施するコースの場合、英検の結果を書類として提出することは可能です。ただ、(奨学金を申請する際など)TOEIC、またはTOEFL(IELTS)のスコアが求められる場合がありますので、入学後に学内で実施されるTOEIC、またはTOEFLを受検しておくとよいでしょう。
Q3参加費用はどれくらいですか?
参加費用は、渡航国、コース内容、現地活動期間などによって異なります。参加費用に関しては、募集案内で確認するか、コースを開講している各学部へお問合せください。
Q4参加したいのですが経済的に困難です。
平成28年度に関しては、1~2年生には神戸大学基金から助成金の補助がありました。平成29年度もコース参加者に助成金が支給される予定ですので是非この機会を利用して神戸グローバルチャレンジプログラムに参加し、海外経験を積みましょう。
Q53年生、4年生ですがプログラムに参加できますか?
神戸グローバルチャレンジプログラムは、1~2年生を対象としていますが、3~4年生が参加可能なコースもあります。1~2年生の参加者は事前・事後学修を含めた「グローバルチャレンジ実習」の履修登録者となるので、総合教養科目の単位を取得できます。しかし、3~4年生の参加者はこの単位は取得できません。ご了承ください。
また、3~4年生には参加費の助成金は支給されません。(助成金についてはQ4を参照してください。)
Q6日本国籍以外の学生も参加できますか?
参加できます。神戸グローバルチャレンジプログラムでは、国籍に基づいた選考はなく、正規課程に在籍している学生であれば参加可能です。
ただし、渡航国によっては、必要とされるビザ(査証)の規定が日本国籍の学生と異なることがあります。そのため、ビザ申請手続きに時間がかかることもありますので、参加を検討する場合は、早めにコース実施担当教員に相談することをお勧めします。
Q7事前学修と事後学修には、授業があって出られないかも?
事前学修と事後学修の日時は、授業と重ならないように参加者と相談して決定します。また、事前学修、学外学修、事後学修を経て単位取得となりますので、事前学修と事後学修の参加は必須です。
Q8航空券や宿泊施設は用意してくれますよね?
航空券の手配は、コースによって異なります。旅行会社に航空券の手配を依頼しているコースもあれば、コース担当教員の指導のもとで学生自ら手配することを学修に組み込んでいるコースもあります。
宿泊施設はほとんどのコースで用意されています。なお、コースによって宿泊施設タイプは異なりますので、詳細を知りたい人は、お問合せください。
Q9海外での安全対策が不安です。
事前学修の中で、安全対策に関する講義を行います。
また、不測の事態に備えて、コース参加者は「留学生危機管理サービス(OSSMA)」や海外旅行保険に加入します。
しかし、安全対策の基本は「自分の身は自分で守る」「危険な場所には近づかない」ことです。大学として最大限の安全対策を講じていますが、参加者自身も危機管理意識を持つようにしてください。たとえば、外務省・海外安全ホームページなどで興味のある地域の安全情報を得るのもよいでしょう。
Q10参加すると決まっていませんが、相談は可能ですか?
参加する・しないに関わらず、気軽に相談してください。 プログラムに関する各種相談は下記まで。
神戸グローバルチャレンジプログラム
場所: 鶴甲第一キャンパス N棟403
E-mail:iphe-kgcp[at]edu.kobe-u.ac.jp
([at]を @ に置き換えてください)