大教・春











お知らせ

令和2年度前期全学共通教育ベストティーチャー賞の授賞式が行われました

 令和2年11月6日に、令和2年度前期全学共通教育ベストティーチャー賞の授賞式を開催しました。
 「全学共通教育ベストティーチャー賞」は、優れた授業を実践した教員を表彰し教育の質的向上を図ることを目的に平成22年度から実施しており、主に学部1〜2年生が学ぶ全学共通教育において、教育方法や内容が学生から高く評価された教員に対して授与しています。また、平成27年度からは、ベストティーチャー賞を複数回受賞した教員に対して「ベストティーチャー賞特別表彰」を授与しております。
 今回は、「全学共通教育ベストティーチャー賞」に5名の教員及び1科目(オムニバス科目部門)が選ばれました。授賞式当日は、岡田章宏理事・副学長(大学教育推進機構長)から表彰状授与を行い、授賞式後は、受賞者、岡田理事・副学長、大月一弘副学長(国際教養教育院長)、及び熊本悦子国際教養教育院評価・FD専門委員長により、遠隔授業実施における工夫等を中心に授業方法について活発な意見交換がなされました。


 ◇受賞者(前列左から)
  森田 健   非常勤講師
  増本 康平  人間発達環境学研究科准教授
  小松原 哲太 国際文化学研究科講師
  小野 絵理  非常勤講師
  田村 直之  情報基盤センター教授


 ◇受賞者(前列)
  益冨 真子  非常勤講師

*関連リンク
令和2年度前期受賞者について
歴代受賞者一覧について
ベストティーチャー賞受賞者の授業の実践例




Copy Right(C) 2006-2020 Kobe University IPHE.All Rights reserved.