大教・春











お知らせ

平成30年度新任教員ウェルカムセミナーを開催しました

 大学教育推進機構では、平成30年5月15日、瀧川記念学術交流会館において「平成30年度神戸大学新任教員ウェルカムセミナー」を実施し、28名の教職員が参加しました。本セミナーのねらいは、授業や研究指導を行う上で必要な基礎知識・スキルや神戸大学生の学修・生活状況について新任教員が理解を深めると同時に、神戸大学として新任教員を歓迎し、親睦を深めることにあります。

 最初に、藤田誠一機構長(理事)と齋藤政彦副機構長(副学長)から本学の教育改革の動向の紹介がありました。続いて、山内乾史教授(大学教育研究推進室)が神戸大学入学者の出身背景について報告した後、うりぼーネットや学修支援システムBEEFの効果的な活用方法について、米谷淳教授(同推進室)・熊本悦子教授(情報基盤センター)から紹介があり、参加者と活発な意見交換が行われました。また、村中泰子特命准教授(キャンパスライフ支援センター)から、多様な学生に対する修学支援について文字情報支援のデモンストレーションとともに説明があり、最後に近田政博教授(同推進室)によるアクティブラーニングのセミナーが行われました。

   昼食会では、神戸大学生協の教員向けサービス案内に続き、学生サークル「GhannaGhanna」の6名グループによる新任教員歓迎のアカペラが披露され、会場を盛り上げました。当日は天候にも恵まれ、神戸の美しい街並みを臨みながら教員同士の親睦を深める機会となりました。








Copy Right(C) 2006-2018 Kobe University IPHE.All Rights reserved.