募集案内

トップコース紹介 > 募集案内

大学教育研究推進室では2019年後期(学外学修時期は2020年2-3月)に実施するフィールドワークチャレンジコースの参加要項を10/21に更新し、募集の受付を開始します。

また、グローバルチャレンジコースは現在、募集中ですので、気になるプログラムや活動があれば、コーディネーターまでご相談ください。

なお、各コースの詳細や応募方法は募集要項を参考を確認ください。応募書類のフォーマットは このページ下部に掲載しています。



2019年度後期派遣  (大学教育研究推進室)

グローバルチャレンジコース(学生企画型)(2-3月渡航希望の場合の応募期間:2019年10月17日(木)11月29日(金))

活動概要

このコースで参加できるプログラムの一例です。

※いずれのプログラムも渡航期間は参加者と受入れ先の都合を調整の上、決定となります。

●日本語・日本事情教育補助ボランティア(アルメニア)

●国際ボランティアプロジェクト(全世界)

●グローバルキャリアプログラム(アメリカ)

●ベトナム国際インターンシップ(ベトナム)

●AIESEC海外インターンシッププログラム(シンガポール・ベトナム・カンボジア・ウガンダ)

ミャンマー・ヤンゴン/フィールドワークチャレンジコース (募集期間:2019年10月21日(月)~11月15日(金))

活動概要

 2011年の民生移管で民主化・経済開放後、急激な経済成長と共に発展を遂げ、欧米からも依然、熱い注目を浴びる ミャンマー。経済成長に伴う都市開発や都市部の人々の食生活の変化を中心に学び、この国の近代化について考える。

学外学修時期・期間
2020年2月12日(水)~2月26日(水)・2週間 
募集要項
PDFミャンマー・ヤンゴン 募集要項
-->

ミャンマー・マンダレー/フィールドワークチャレンジコース (募集期間:2019年10月21日(月)~11月15日(金))

活動概要

2011年の民政移管により改革開放路線の道を歩み始めたことで世界から注目を浴びる国ミャンマーには、壮麗な仏教寺院や仏教遺跡が各地に点在している。国民の約90%が仏教徒のこの国では、仏教は人々の生活や考えや価値観に深く根ざしており、その精神や文化はミャンマー社会のセーフティーネットになっているとも言われている。そのようなミャンマーの仏教(上座部仏教)を人々の生活や現地学生との交流などを通じ、多角的に見つめる。

学外学修時期・期間
2020年2月12日(水)~2月26日(水)・2週間 

募集要項
PDFミャンマー・マンダレー 募集要項

タイ・バンコク/フィールドワークチャレンジコース (募集期間:2019年10月21日(月)~11月15日(金))

活動概要

企業・機関訪問、大学でのレクチャーや学生交流、フィールドリサーチといった活動を通じ,アジア諸国のハブ(拠点)として機能するバンコクの現在を知り、その役割を考察する。

学外学修期間
2020年2月19日(水)~3月4日(水)・2週間

募集要項
PDFタイ・バンコク 募集要項
  ■応募書類フォーマット(大学教育研究推進室実施コース共通)
願書フォーマット
ExcelPDF    
志望動機書フォーマット
ExcelPDF    

過去の募集案内

過去の募集案内はこちら